study


靴の構造について

こちらは靴の構造と材料をご覧頂けるページです。
お客様に安心して履いて頂けますよう、study靴工房では厳選した材料を丁寧な手仕事で一足の靴に仕上げて行きます。

構造図
 1. TOE PUFF / 2.COUNTER 先芯/月型

先芯・月形は木型のシェイプに合わせた、靴の美しいボディラインを保つための芯材です。
先芯には熱を使うものや溶剤に浸して使うもの、もともとくせ付けされているものなどがあり、木型やデザインに合わせて様々な種類のものを使い分けています。

 3.SOCK 中敷

中底の凹凸を感じさせず、足あたりを良くするという実用的な面だけではなく、デザインの一部として、アッパーの魅力を引き立たせます。
裏革と甲革のコンビ、生地、ネームの素押しや箔押し、様々なパターンを用いることによって、靴の表情を豊かにし、新しい表情を生み出します。

 4.SPONGE / 5.FIBER スポンジ/赤ファイバー

赤ファイバーは、ヒールを打ち込む釘の頭を隠し、スポンジはその上さらに足あたりを良くするために中敷の下に隠されたプロテクターです。

 6.INSOLE 中底

中底は靴のフレームを構成するものであり、歩行時に体重をしっかりと支える支柱となります。
パンプス、サンダル、ブーツ等デザインによって構造が異なっており、安全性を一番に考えて使い分けられます。

 *SHANK シャンク

シャンクは中底のカーブを支える、まさに“靴の背骨”です。

 7.FILLER 中物

釣りしろの間に生じる凹凸を埋めるパーツです。
素材は主にスポンジ、革などで、パズルのようにぴったりとスキマを埋め、クッション性により歩行時の衝撃を吸収します。

 8.OUTSOLE 本底

歩行時、着地面の凹凸の衝撃を緩和し、足の裏の保護をするという実用面と共に、様々な加工により、靴の表情を作るという、デザイン的な面も持ち合わせています。ハケ塗り、梨地、デラックス、ツヤあり、ツヤ消し、カラーバリエーションも豊富で、デザインの持つ柔らかさや優しさ、時にはエッジィでスマートな表情も引き出します。

 9.HEEL ヒール

シャンクが背骨だとすれば、ヒールは腰を支え、しっかりと大地に立つための“靴の足”です。
木型の設計に合わせたヒールを選び、デザインに合わせて、本革スタック、アッパーの共革、プリントスタック等を巻いて行きます。リフトはヒールの削れを防止し、足への衝撃を吸収する役割を果たしています。

 *PUTTING HEELS ヒール打

ヒールを靴のボディに固定するためには、ネイルとビスを使います。座金がビスを受け止め、ヒールの強度を上げます。

hand made by study

前のページに戻る トップページに戻る

Copyright © 2008 study All Rights Reserved.